Well Planned House Co.Ltd.

横浜の一級建築士事務所
株式会社 ウェル プランド ハウス です。
設計、監理、改修工事から清掃、ビル管理、点検まで、あらゆる物件のご相談を承っております。

まずはメールで、yokohama@wellplannedhouse.com までご連絡下さい。





『ひび割れ自己治癒コンクリート』

2011.02.28 Monday 10:45



昨日の午後6時30分から、TBSの『夢の扉 NEXT DOOR』をご覧になられましたか?


毎回、様々な分野で活躍する人物にスポットを当て、創造性のある研究を紹介するドキュメンタリー番組ですが、2月27日は「ドリームメーカー」として、東京大学生産技術研究所 岸利治教授が出演されました。


コンクリートのひび割れによって起きる漏水、鉄筋の腐食は、コンクリートの耐久性を落とす原因の一つとして問題視されてきたのですが、岸教授が中心となって取り組んでいる「ひび割れ自己治癒コンクリート」の開発、研究活動が紹介されました。


コンクリートはセメントと水を混ぜて作りますが、ひび割れの起こらないコンクリートはないのだそうで、速いものだとなんと一日でひび割れるのだそうです。


そこで、ひび割れができても、ひび割れに入り込んだ水と反応してひび割れ部分をふさぐ特殊な混和材をあらかじめ配合して、この特殊な混和材が徐々に成長してひび割れを埋めていくのが「ひび割れ自己治癒コンクリート」。


この特殊な混和材…って、なんだと思われますか?


なんと、ペットのトイレなどにも使われている、鍾乳石(炭酸カルシウム)なのだそうです。


水と反応して、ころん!とまとまる膨潤剤ですよね。(^^)


昨年11月に試験打設を行っていて、岸教授によると2016年までの実用化を目指しており、現在はひび割れの補修材の開発も進んでいるといいます。


実用化が楽しみです。



参考:東京大学生産技術研究所 岸研究室
参考:2011年2月27日午後6時30分〜 TBS 『夢の扉 NEXT DOOR』




JUGEMテーマ:アート・デザイン






建築関連…『なるほど豆知識』 | comments(0) | - | pookmark |

生垣選びのコツ!第一弾

2009.03.27 Friday 13:37





『今回は、和風、洋風、一般住宅、マンションを問わず皆様に愛されている、お庭の生垣レッドロビンをご紹介します。』









植物でつくる、とても美しいフェンス♪



でも、樹種選びには頭を悩まされますよね…。(−−;)



葉の明るさや色、高さ、手入れのしやすさ。







プライバシー保護は、過密化する日本の住宅事情においては、重要なポイントとなるでしょう。



プライバシー保護の基本は、人の目線高さ1.5m〜1.8mを基準に考えます。



これを超えるに従って、外に対しては圧迫感が増し、内側に対しては見晴らしや日当たりの低下となり…



逆に、低くなるに従ってプライバシー保護は低下してしまうんです。(-"-)







さて、センセイもとってもお好きでらして、よくお使いになられているレッドロビンは、日当たりが良いほど、赤く色鮮やかになるという面白い特徴をもっていて、刈り込みにも強く、刈り込む頻度によって葉を密にします。



見て良し♪手入れも楽しく、丈夫で中木なので、プライバシー保護にはちょうどいい高さ!



人気の秘密はこういうところにあったんですね(*^-^*)』






(C)wph2






和名:レッドロビン

別名:アカメ、セイヨウカナメモチ

学名:Photinia ×fraseri 'Red Robin'

分類:バラ科 カナメモチ属 中木常緑

英名:red robin

原産:アメリカ合衆国







レッドロビンは、カナメモチとオオカナメモチの交配によって育成された園芸品種です。



カナメモチ(P.glabra)が、病害に弱い難点があったので、現在はほとんどレッドロビンに代わりました。



3月から4月頃に伸びてくる葉がひときわ赤いため、この名前が付けられました。





(C)ボタニックガーデン



若葉が赤いのは、まだ柔らかく葉緑素も十分形成されていない若葉を、紫外線から守る「アントシアニン」という赤い色素が用意されており、これが若葉を日差しから守る、サングラスのような働きをします。



葉は、次第に緑色に変化します。






新芽が美しいので、こまめに刈り込んで新芽を吹かせると、年中赤い美しい景観を楽しめます。




開花時期は、 4/25頃〜5/15頃。

小さな白い花をいっぱいに咲かせます。

大きくならないとあまり咲きませんし、花は咲きますが種は生りませんので、増殖していく心配がありません。





(C)ボタニックガーデン






とても萌芽力が強く、刈り込みにも耐えます。

生垣になるのにも、他の樹種に比べて、時間がかからないこともあって、とても人気がある樹種です。







JUGEMテーマ:アート・デザイン




建築関連…『なるほど豆知識』 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

センセイの『ハナミズキに寄せて』

2009.03.23 Monday 23:36


ハナミズキについて一言いいかな。



ハナミズキは我々建築家もよく使うんだ。



四季の気候変化によって葉の量を極端に変える、落葉広葉樹のハナミズキは大自然が生み出したパラソルそのものなんだ。



これを使って壁や窓、屋根に注ぎ込む直接的な太陽輻射熱をコントロールすることによって、年間を通して快適な居住空間を維持できる。



例えば、南側にお庭を造るよね。



春から夏にかけては日照量が増加する。



ちょうどその頃、葉を密にするから、太陽輻射熱はその枝葉に吸収され反射され、陽射しの約90%を遮るって言われるくらい、快適な涼しさをもたらしてくれる。



太陽輻射熱が次第に減少し、気温も下がる秋になると、紅葉が始まり、輻射の吸収率も下がる。



日を取込みたくなる冬になると葉は落ち、日を遮るものもなくなる。



気をつけなければならないのは、根が深いから建物の近くに植えないこと。



基礎を破壊しかねないからね(^^;



以上、マメ知識でした。




(C)wph2





(C)wph2













JUGEMテーマ:アート・デザイン



建築関連…『なるほど豆知識』 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

花粉と黄砂とフィルター

2009.03.20 Friday 10:11










せっかくの休日…という方も、朝から台風並みの激しい雨と風に些か驚かれたのではないかと思います。



この後、お天気は急速に回復するようですが、雨が上がるとこの時期心配なのが、黄砂。



花粉とダブルの脅威で、憂鬱な方も多いのではないでしょうか。



今時のお家事情ですが、24時間の換気が法的に義務付けられているのをご存じでしょうか?



外壁に直径10僂らいの給気口や、ドアの下部にはアンダーカットと呼ばれる隙間が設けられていて、家の中を空気が流通するようになっています。



その給気口。通常は、防虫網が付いていますが、防音タイプのものがあり、これにはフィルターが付いているので、黄砂や花粉も遮ることができるのではないかと思われます。(*^^)v








JUGEMテーマ:アート・デザイン






建築関連…『なるほど豆知識』 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |