Well Planned House Co.Ltd.

横浜の一級建築士事務所
株式会社 ウェル プランド ハウス です。
設計、監理、改修工事から清掃、ビル管理、点検まで、あらゆる物件のご相談を承っております。

まずはメールで、yokohama@wellplannedhouse.com までご連絡下さい。





10月21日…今日の誕生花・花言葉

2016.10.21 Friday 07:51



【お家のイメージに合わせて飾る花を選ぶ

四季折々に育てた花が咲くのを楽しむ

生け垣や庭木にする植物を考える

そんなときの参考に少しでもしていただければとてもうれしく思います。】










10月21日 アザミ…独立、厳格、安心、触れないで

10月21日 ステルンベルギア…期待

10月21日 チトニア…優美な仕種、果報者

10月21日 バンダ…優雅、上品な美しさ、身軽、個性的、身軽

10月21日 マトリカリア…集う喜び、楽しむ
※ 別名:なつしろぎく(夏白菊)

10月21日 ムラサキシキブ…聡明 、愛され上手




参考:花言葉ナビ〜誕生花と誕生石の基礎知識〜
参考:ボタニックガーデン
参考:季節の花 300
参考:ヤサシイエンゲイ






『今日取り上げるお花は、(あれ?黄色いタマスダレ?)と思うほど似ているのですが、咲く時期が少し異なります。

タマスダレは夏の終わり、今日ご紹介するのは秋の花です。』






10月21日の誕生花:ステルンベルギア



花言葉:【期待】【あなたは魅力に富んでいる】







(C)季節の花 300



(C)季節の花 300








科名:ヒガンバナ科
属名:ステルンベルギア属
学名:Sternbergia lutea
英名:Yellow star flower
和名:キバナタマスダレ(黄花玉簾)
別名:
別名:
原産:地中海沿岸(トルコ、中央アジア、ギリシャ、小アジア)
性状:耐寒性球根類
草丈:20センチくらい
花期:9月〜10月
花色:黄色
用途:庭植え、鉢植え、水栽培、ロックガーデンなど






属名の Sternbergia (ステルンベルギア)は、19世紀のオーストラリアの植物学者「K.M.von Stemberg(シュテルンベルグ)」に因んで名付けられました。

和名の 「キバナタマスダレ(黄花玉簾)」は、白い花をつけるタマスダレ(玉簾)に似ていることがその由来です。






地中海沿岸(トルコ、中央アジア、ギリシャ、小アジア)が原産地です。


日本へは、大正時代に渡来しています。







もっとも普及しているのはステルンベルギア・ルテアですが、秋になるとクロッカスに似た黄色の花を、花茎1に対して1つ付けます。


球根植物ですが、毎年球根を堀りあげる必要がなく、水栽培も可能です。






植え付けは8月頃が適期です。


日当たりのよい環境を好みます。


水やりは、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えますが、多湿を嫌うのでやり過ぎには注意します。
葉が枯れて休眠に入ったら、水やりを止めます。


肥料は、元肥(植え付ける際にあらかじめ与えるもの。)として、土にゆっくり効くタイプの粒状の肥料を混ぜ込んでおきます。追肥は、花後から春に葉が枯れて休眠するまでの間、液体肥料を月1回与えます。


夏に植え付けて、秋に花が咲いた後は、葉だけの状態になりますが、球根を太らせるために必要ですので、絶対葉を切らないで下さい。


4〜5年に1回、葉が枯れて休眠に入った5月頃に掘り上げて、球根を分けます。



参考:ステルンベルギアの育て方・ヤサシイエンゲイ






JUGEMテーマ:アート・デザイン


今日の…『花言葉』 | comments(0) | - | pookmark |

コメント

コメントする