Well Planned House Co.Ltd.

横浜の一級建築士事務所
株式会社 ウェル プランド ハウス です。
設計、監理、改修工事から清掃、ビル管理、点検まで、あらゆる物件のご相談を承っております。

まずはメールで、yokohama@wellplannedhouse.com までご連絡下さい。





12月14日…今日の誕生花・花言葉

2016.12.14 Wednesday 10:24



【お家のイメージに合わせて飾る花を選ぶ

四季折々に育てた花が咲くのを楽しむ

生け垣や庭木にする植物を考える

そんなときの参考に少しでもしていただければとてもうれしく思います。】










12月14日 コトネアスター…統一、安定、変わらぬ愛情

12月14日 シネラリア…常に快活、望みある悩み、喜び

12月14日 シンビジューム…飾らない心、深窓の麗人、華やかな恋、素朴、高貴な美人

12月14日 ツルウメモドキ…大器晩成

12月14日 マツ…不老長寿、永遠の若さ、勇敢

12月14日 ヤシ…勝利

12月14日 エパクリス…博愛




参考:花言葉ナビ〜誕生花と誕生石の基礎知識〜
参考:ボタニックガーデン






『今日取り上げるお花は、紅桃色で筒状の花がたくさん垂れ下がって咲きます。

一般的にそれほど多くは出回っていないようですが、写真で2種類ご紹介します。』







12月14日の誕生花:エパクリス



花言葉:【博愛】






エパクリス・ロンギフローラ

(C)ボタニックガーデン



エパクリス・レクリナータ

(C)ボタニックガーデン








科名:エパクリス科
属名:エパクリス属

学名:Epacris longiflora(エパクリス・ロンギフローラ
学名:Epacris reclinata(エパクリス・レクリナータ

英名:Fuchsia heath(エパクリス・ロンギフローラ
英名:Native fuchsia(エパクリス・ロンギフローラ
英名:なし(エパクリス・レクリナータ

原産:オーストラリア
性状:常緑小低木
樹高:1m〜1.5m
花期:12月〜3月
花色:赤、紅桃色
用途:鉢植え、庭植え







属名の Epacris(エパクリス)は、ギリシャ語の「 epi(〜の上に)」と「 akris(頂上)」が語源で、自生地が「丘の頂上」という意味から名付けられました。


エリカに似ていて、原産地ではしばしばheathと呼ばれています。







エパクリス科は約30属400種、オーストラリアを中心とする周辺地域に分布していて、そのうちエパクリス属は約40種が知られています。



エパクリス科の植物を発見したのは、クック船長の第二次航海に参加したフォースター父子だそうです。







エパクリス・ロンギフローラ


オーストラリアの東部、ニューサウスウェールズ州とクイーンズランド州の南部に分布しています。


荒れ地や明るい林に生え、高さは1メートルほどになります。


葉は、小さく、三角形をしています。


自然では一年中、葉腋(ようえき。葉のつけ根の茎に面した部分。芽ができるところ。)から花序(かじょ。花のついた枝全体、または花のつき方。)をだし、先端が白色で全体が紅赤色筒状花(とうじょうか。花弁がくっついて筒状になる花のこと。)を下垂して咲かせます。







エパクリス・レクリナータ


オーストラリアの東部、シドニーの西にあるブルーマウンテン(BlueMountains)に分布しています。


砂岩地帯の湿ったところに生え、高さは1メートルほどになります。


葉は、卵状(らんじょう)または卵状披針形(らんじょうひしんけい。全体的に卵形で、先端が尖り、基部がやや広いもの。)で、茎に密生(みっせい。すき間なく生えること。)します。


秋から春にかけて、葉腋(ようえき。葉のつけ根の茎に面した部分。芽ができるところ。)から花序(かじょ。花のついた枝全体、または花のつき方。)をだし、ピンクから赤色筒状花(とうじょうか。花弁がくっついて筒状になる花のこと。)を咲かせます。







冬は、5度ぐらいあれば越冬できます。


夏は、高温多湿を嫌うので、涼しい半日陰に置きます。


花後には、樹形を整えるために剪定が必要です。







JUGEMテーマ:アート・デザイン


今日の…『花言葉』 | comments(0) | - | pookmark |

コメント

コメントする