Well Planned House Co.Ltd.

横浜の一級建築士事務所
株式会社 ウェル プランド ハウス です。
設計、監理、改修工事から清掃、ビル管理、点検まで、あらゆる物件のご相談を承っております。

まずはメールで、yokohama@wellplannedhouse.com までご連絡下さい。





2月2日…今日の誕生花・花言葉

2017.02.02 Thursday 10:25



【お家のイメージに合わせて飾る花を選ぶ

四季折々に育てた花が咲くのを楽しむ

生け垣や庭木にする植物を考える

そんなときの参考に少しでもしていただければとてもうれしく思います。】










2月2日 ウメ…高潔な心、澄んだ心、忠実、独立

2月2日 セツブンソウ…人間嫌い

2月2日 パンジー…純愛、物思い、私を思って

2月2日 フランネルフラワー…誠実、高潔

2月2日 フリージア…愛想の良さ、純潔、無邪気、あどけなさ、憧れ

2月2日 ボケ…熱情、平凡、熱情、早熟、妖精の輝き、先駆者




参考:花言葉ナビ〜誕生花と誕生石の基礎知識〜
参考:ボタニックガーデン
参考:季節の花 300






『今日取り上げるお花は、ちょうど節分の頃に開花します。』






2月2日の誕生花:セツブンソウ



花言葉:【人間嫌い】【光輝】【微笑み】







(C)ボタニックガーデン



(C)ボタニックガーデン








科名:キンポウゲ(金鳳花)科
属名:セツブンソウ属
学名:Shibateranthis pinnatifida
英名:なし。
漢字表記:せつぶんそう(節分草)
別名:
原産:日本
性状:多年草
草丈:5センチ〜15センチ
花期:2月〜3月
花色:白(萼片。花弁ではない。)
用途:自生







属名の Eranthis(エランティス)は、ギリシャ語の er(春)と anthos(花)が語源で、春に咲く花だということに由来しています。


和名の せつぶんそう(節分草)は、節分の頃に白い一輪の花を咲かせることが名前の由来です。







日本の本州、主に関東から中国、四国地方に分布しており、石灰岩地に自生します。






キバナセツブンソウ(黄花節分草)と呼ばれて流通しているヨウシュセツブンソウ(洋種節分草)は、名前の通り黄色い花を咲かせる節分草で園芸品種ですが、ヨーロッパが原産地で、主にイタリアからオーストリアにかけて分布しています。






「春植物」でごく短い期間にだけ、つまり早春に開花して、初夏には地上部は枯れてしまい、地下部のみ残ります。


白い5弁花のように見えますが、花弁のように見えるのは(がく)片で、花弁は退化しており、黄色い蜜槽(みつそう。被子植物の、多量の糖を含む花蜜を分泌する腺。子房の基部など花の部分のほか、葉柄(ようへい)・托葉(たくよう。葉の付け根にある付属体のこと。)などにもみられる。蜜腺(みっせん)。)と呼ばれるものになっています。







できるだけ水はけの良い土を用います。


冬の寒さには非常に強く、霜などで枯れることも少ないので、できるだけ日光に当てて育てます。


早春から開花までは、雨の当たらない、よく陽の当たる場所において育てます。


花後から地上部が枯れて休眠に入るまでは、直射日光の当たらない、半日陰の場所に置きます。


夏に、地上部が枯れて休眠期に入っても、できるだけ涼しく、軒下の半日陰の場所などに置きます。


水やりは、過湿に注意して、芽が出て花が咲くまでの生長期は、土の表面が乾いたら水を与えるようにします。
葉に水がかかると痛むことがありますので、株元にそっと水を与えるようにします。


夏に地上部が枯れた頃を目安に、休眠期には水を与えません。


肥料は、与えすぎないように、花後から地上部が枯れる夏前まで、通常の草花に与えるよりも薄め、2000倍ほどに薄めた液体肥料を週1回ほど与えます。
休眠期は肥料は必要ありません。


植え替えは、2年に1回を目安に、休眠期に行います。適期は9月頃です。


球根の分球、タネまきで増やすことができます。



参考:セツブンソウの育て方・ヤサシイエンゲイ






JUGEMテーマ:アート・デザイン


今日の…『花言葉』 | comments(0) | - | pookmark |

コメント

コメントする