Well Planned House Co.Ltd.

横浜の一級建築士事務所
株式会社 ウェル プランド ハウス です。
設計、監理、改修工事から清掃、ビル管理、点検まで、あらゆる物件のご相談を承っております。

まずはメールで、yokohama@wellplannedhouse.com までご連絡下さい。





3月11日…今日の誕生花・花言葉

2017.03.11 Saturday 07:42



【お家のイメージに合わせて飾る花を選ぶ

四季折々に育てた花が咲くのを楽しむ

生け垣や庭木にする植物を考える

そんなときの参考に少しでもしていただければとてもうれしく思います。】










3月11日 ニガナ…質素

3月11日 ハナビシソウ…私の希望を聞いて下さい

3月11日 パンジー…物思い、思想、思案する、私を思ってください、私はあなたを思う、思い出、記念品、純愛

3月11日 フリチラリア…才能、人を喜ばせる、天上の愛

3月11日 ユキヤナギ…殊勝、愛嬌




参考:花言葉ナビ〜誕生花と誕生石の基礎知識〜
参考:ボタニックガーデン






『今日取り上げるお花は、きれいな空色の小花が次々に咲きます。

歴史は古く、古代ローマ時代から野菜として栽培されてきました。

日本のスーパーなどでも、近年野菜として売られていることが多くなりました。』







3月11日の誕生花:チコリー



花言葉:【質素】【待ちぼうけ】【節約】【私の為に生きて】







(C)ボタニックガーデン



(C)ボタニックガーデン








科名:キク科
属名:キクニガナ属
学名:Cichorium intybus
英名:Chicory
和名:きくにがな(菊苦菜)
仏名:Endive(アンディーヴ)
原産:ヨーロッパ北部
性状:多年草
草丈:50センチ〜150センチ
花期:7月〜10月
花色:淡青色
用途:ハーブ、食用、香味料







属名の Cichorium(キコリウム)は、ギリシャ語の kio(行く)と chorion(畑)が語源です。畑で栽培されることがその名の由来です。


和名の きくにがな(菊苦菜)は、にがな(苦菜)に似ていて、しかもきく(菊)のような大輪の花を持つことからその名前が付きました。







ヨーロッパから中央アジアにかけてが原産で、石灰岩質の草地や耕作地に生えます。


古くから野菜として栽培され、現在ではユーラシアや北アメリカにまで広く帰化しています。


日本へは、江戸末期か明治初期の頃に渡来しました。







チコリの葉には強い苦味があるので、日に当てないで栽培した白い芽を使います。白菜の芯を小さくしたような形状でオードブルをのせたり、サラダにしたりして食べます。


根は焙煎して「チコリコーヒー」に利用されます。ヨーロッパで第二次大戦時にコーヒー豆が生産地から輸入できなかった際に、代用コーヒーとして広く飲まれたことから、花言葉に【節約】があります。







半日花で、ブルーの花色は朝が濃く、昼を過ぎるとだんだん色も薄くなっていきます。そして5時間ほどで閉じてしまいます。


日当たりと水はけのよい場所を好みます。


根の生育のために、土は深く耕しておきます。







チコリの淡いブルーの花には、いつまでも帰ってこない恋人を想い待ち焦がれた少女の流した涙が「チコリ」に姿を変えたとか、漁にでた恋人を待ち続けた少女が海を眺めこぼした涙と海の色が一緒になって青い澄んだ花に姿を変えたといったエピソードがあります。






キク科キクニガナ属の植物



 1. トレビス  






JUGEMテーマ:アート・デザイン


今日の…『花言葉』 | comments(0) | - | pookmark |

コメント

コメントする