Well Planned House Co.Ltd.

横浜の一級建築士事務所
株式会社 ウェル プランド ハウス です。
設計、監理、改修工事から清掃、ビル管理、点検まで、あらゆる物件のご相談を承っております。

まずはメールで、yokohama@wellplannedhouse.com までご連絡下さい。





6月19日…今日の誕生花・花言葉

2017.06.19 Monday 10:50



【お家のイメージに合わせて飾る花を選ぶ

四季折々に育てた花が咲くのを楽しむ

生け垣や庭木にする植物を考える

そんなときの参考に少しでもしていただければとてもうれしく思います。】










6月19日 イキシア…団結して当たろう、誇り高い

6月19日 カラー…乙女のしとやかさ、歓喜、すばらしい美、壮大な美、清浄

6月19日 ノアザミ…権利

6月19日 ローズ…美、愛情、熱烈な恋




参考:花言葉ナビ〜誕生花と誕生石の基礎知識〜
参考:ボタニックガーデン
参考:季節の花 300






『今日取り上げるお花は、ナイル川にたくさん生育していることから「ナイルの百合」「エジプトのユリ」とも呼ばれています。

ブライダルブーケとしてもすっかりおなじみになりました。』







6月19日の誕生花:カラー



花言葉:【乙女のしとやかさ】【歓喜】【すばらしい美】【壮大な美】【清浄】







(C)ボタニックガーデン



(C)ボタニックガーデン



(C)ボタニックガーデン








科名:サトイモ科
属名:オランダカイウ属
学名:Zantedeschia aethiopica
英名:Calla
和名:オランダかいう(オランダ海芋)
別名:
原産:南アフリカ
性状:多年草
草丈:70センチ〜100センチ
花期:5月〜7月
花色:白、黄、オレンジ、ピンク、茶など
用途:庭植え、鉢植え、切り花







属名の Zantedeschia(ザンテデシア)は、イタリアの植物学者で医師でもある Zantedeschi(ザンテデスキ。G.Zantedeschi(1773〜1846)、F.Zantedeschi(1797〜1873))の名前に因んで名付けられました。


名前の カラーは、ギリシャ語 Kalos(カロス。美を意味する。)が語源です。
また、この花の仏炎苞(ぶつえんほう。棒状の、花を包み込む(ほう)のこと。)が、修道女のカラー(衿)を思わせることからついたともいわれています。


和名の オランダかいう(オランダ海芋)は、オランダ船により持ち込まれたことと、太い地下茎が芋のようなので、海を渡ってきた芋という意味で呼ばれました。







南アフリカが原産です。


日本へは、江戸末期にオランダから渡来しました。







花のように見えるのは仏炎苞(ぶつえんほう。棒状の、花を包み込む(ほう)のこと。)で、なかに肉穂花序(にくすいかじょ。太い軸のまわりに多数の花が密集してつく花序(かじょ。花の配列状態。)のこと。)があります。






湿地で育つ白花種エチオピカ系のほか、黄色や橙、ピンク、紫などのニュージーランドで育成されたハイブリッドカラーと呼ばれる、花色が豊富陸地性の園芸種があります。






春に球根を植え付けるか、開花鉢を買い求めます。


湿地性の白花種エチオピカ系カラーは、湿り気のある土を好みますので、土の表面が乾きかけたらたっぷりと水を与えます。


陸地性の園芸種ハイブリッドカラーは、水はけと風通しがよい場所を好みます。特に高温多湿に弱いので、真夏は日除けをしたり半日陰の場所に移動させます。


どちらの種も、肥料を与え過ぎないようにします。


枯れた葉や花はこまめに取り除きますが、花後の葉は球根に栄養を取り込むために重要なので切ってはいけません。


湿地性の白花種エチオピカ系カラーは、暖地では凍らなければ球根は掘り上げる必要はなく、そのまま冬越しできます。寒冷地では毎年花後に球根を掘り上げて株分けします。


陸地性の園芸種ハイブリッドカラーは、寒さには弱いので、庭植えのものは葉が枯れてきたら球根を掘り上げて春まで貯蔵します。鉢植えのものは室内に移動させます。



参考:カラーの育て方・ヤサシイエンゲイ






JUGEMテーマ:アート・デザイン


今日の…『花言葉』 | comments(0) | - | pookmark |

コメント

コメントする