Well Planned House Co.Ltd.

横浜の一級建築士事務所
株式会社 ウェル プランド ハウス です。
設計、監理、改修工事から清掃、ビル管理、点検まで、あらゆる物件のご相談を承っております。

まずはメールで、yokohama@wellplannedhouse.com までご連絡下さい。





6月21日…今日の誕生花・花言葉

2017.06.21 Wednesday 20:36



【お家のイメージに合わせて飾る花を選ぶ

四季折々に育てた花が咲くのを楽しむ

生け垣や庭木にする植物を考える

そんなときの参考に少しでもしていただければとてもうれしく思います。】










6月21日 コデマリ…友情、優雅、品位、努力する、いくじなし、努力する

6月21日 サツキ…節制

6月21日 スカシユリ…親思い、飾らぬ美、注目を浴びる

6月21日 タチアオイ…平安、単純な愛、熱烈な恋、威厳、高貴、大きな志

6月21日 ツキミソウ…自由な心
※ 画像:ひるざきつきみそう(昼咲き月見草)

6月21日 マツヨイグサ…移り気




参考:花言葉ナビ〜誕生花と誕生石の基礎知識〜
参考:ボタニックガーデン
参考:季節の花 300






『今日取り上げるお花は、南米原産の帰化植物です。

昭和30年代には野生化して、空き地などに大群落を形成しました。

近年は急速に少なくなっています。』







6月21日の誕生花:マツヨイグサ



花言葉:【移り気】【温和】【協調】【ほのかな恋】【浴後の美人】







(C)ボタニックガーデン



(C)ボタニックガーデン








科名:アカバナ科
属名:マツヨイグサ属
学名:Oenothera stricta
英名:Chilean evening primrose
漢字表記:まつよいぐさ(待宵草)
通り名:宵待ち草( 正確には、誤り。)
通り名:月見草( 正確には、誤り。)
原産:南アメリカ
性状:二年草
草丈:30センチ〜100センチ
花期:5月〜8月
花色:黄色(しぼむと赤)
用途:自生、庭植え







属名の Oenothera(オエノセラ)は、ギリシャ語の oinos(酒)と ther(野獣)が語源です。
マツヨイグサ属の一種に対して、ギリシアの哲学者で博物学者だった Theophrastu(テオフラストス。BC372頃〜BC288頃の人。500種類にもおよぶ植物を記載し、植物学の祖といわれた。)が用いた名前です。
根に、ブドウ酒のような香気があり、野獣が好むためといわれています。


名前の まつよいぐさ(待宵草)は、花が夕方から開き、朝になるとしぼむという特徴から、(宵になるのを待つようにして花が咲く)という意味で名付けられました。







南アメリカのチリやアルゼンチンが原産です。


世界で約200種が確認されています。


日本へは、江戸時代の終わり、嘉永年間(1848〜1853)にツキミソウといっしょに観賞用として渡来し、大正時代には野生化し本州以南の各地に広がりました。(その後、オオマツヨイグサも観賞用として導入され、栽培された。)


昭和の中期頃までは、荒地や河原などで広く見られました。






日本の野原では…

まつよいぐさ(待宵草)

おおまつよいぐさ(大待宵草)

こまつよいぐさ(小待宵草)

めまつよいぐさ(雌待宵草)

…の4種類が見られます。







「宵待ち草」???


竹下夢二が詠んだ「宵待ち草」の詩に曲が付けられ広く歌われたので、すっかり宵待ち草の名が定着してしまいましたが、正式名はまつよいぐさ(待宵草)と書きます。


「待てど暮らせど来ぬ人を 宵待ち草のやるせなさ 今宵は月も出ぬそうな」
竹下夢二(宵待ち草)

 





「月見草」???


世間一般の通り名は月見草ですが、これも間違いです。


つきみそう(月見草)は、学名:Oenothera tetraptera(オエノセラ テトラプテラ)。

画像:私の花図鑑


まつよいぐさ(待宵草)と同じアカバナ科マツヨイグサ属ですし、夕方に花が咲く点は似ていますが、花の色は白です。
(花がしぼむ頃は、薄いピンク色。)


嘉永年間に渡来しましたが、性質が弱く雑草化しませんでした。
その後園芸的にも廃れ、現在日本ではほとんど見られません。


にもかかわらず、太宰治が「富嶽百景」の中で、オオマツヨイグサを「富士には月見草が良く似合う」と書いたために、黄色のオオマツヨイグサが月見草として定着してしまいました。







黄花を咲かせる系統は、まつよいぐさ(待宵草)


白花を咲かせる系統は、つきみそう(月見草)
※ 画像:ひるざきつきみそう(昼咲き月見草)


赤花を咲かせる系統は、ゆうげしょう(夕化粧)


…などと呼んで区別していますが、一般にはあまり浸透していません。







日当たりの良い場所のほうが、花つきがよく元気に育ちます。


特になにも手入れをしなくても、元気に育ちます。


生育が旺盛なので、鉢植えの場合は9月頃に一回り大きな鉢に植え替えたり、株分けをします。



参考:ツキミソウの育て方・ヤサシイエンゲイ






JUGEMテーマ:アート・デザイン


今日の…『花言葉』 | comments(0) | - | pookmark |

コメント

コメントする