Well Planned House Co.Ltd.

横浜の一級建築士事務所
株式会社 ウェル プランド ハウス です。
設計、監理、改修工事から清掃、ビル管理、点検まで、あらゆる物件のご相談を承っております。

まずはメールで、yokohama@wellplannedhouse.com までご連絡下さい。





7月10日…今日の誕生花・花言葉

2017.07.10 Monday 10:36



【お家のイメージに合わせて飾る花を選ぶ

四季折々に育てた花が咲くのを楽しむ

生け垣や庭木にする植物を考える

そんなときの参考に少しでもしていただければとてもうれしく思います。】










7月10日 イソトマ…優しい知らせ

7月10日 カンパニュラ…感謝、後悔、思いを告げる、誠実

7月10日 グロキシニア…艶麗、華やかな日々

7月10日 コウホネ…秘められた愛情、崇高

7月10日 リシアンサス…優美
※ 別名:トルコぎきょう(トルコ桔梗)




参考:花言葉ナビ〜誕生花と誕生石の基礎知識〜
参考:ボタニックガーデン
参考:季節の花 300






『今日取り上げるお花は、花もちがよく、時間の経過とともに花色の変化を楽しむことができます。』






7月10日の誕生花:リシアンサス



花言葉:【優美】【希望】【よい語らい】







(C)ボタニックガーデン



(C)ボタニックガーデン








科名:リンドウ科
属名:エウストマ属
学名:Eustoma grandiflorum
英名:Showy prairie gentian
和名:トルコぎきょう(トルコ桔梗)
別名:ユーストマ
原産:北アメリカ
性状:一年草または二年草
草丈:30センチ〜90センチ
花期:5月〜7月、9月〜10月
花色:白、ピンク、黄、オレンジ、薄緑、覆輪(ふくりん。ふちどりのあるもの)など
用途:鉢植え、切り花







属名の Eustoma(ユーストマ)は、ギリシャ語の eu(良い)と stoma(口)が語源です。杯状の花の形に由来しています。


種小名の grandiflorum(グランディフロラム)は、grandis(大きい)と florum(花)が語源です。「大きい花の」という意味ですが、その名前の通り花が大きいことに由来しています。


名前の リシアンサスは、旧属名 Lisianthus から、今でもそのように呼ばれることがあります。


和名の トルコぎきょう(トルコ桔梗)は、ききょう(桔梗)を連想させる花形からという説、トルコ人が頭に巻いているターバンに花形が似ているからという説、ブルーの花色がトルコ石に似ているからという説など、諸説ありますがいずれも定かではなく、正確な名前の由来は不明です。


別名の ユーストマは、属名 Eustoma(ユーストマ)に由来しています。







アメリカのテキサス州(コロラド郡)原産で、アメリカの中南部からメキシコに分布しています。


日本へは、昭和初期に渡来、昭和40年代中頃から日本で改良が重ねられて一大産地となり、世界各国に輸出されています。


アメリカやヨーロッパでも切り花や鉢物として生産されていますが、そのほとんどが日本で育種された品種です。






草原などに生え、茎は直立して高さが90センチほどになります。


灰緑色の葉は、卵形で対生(たいせい。葉が一つの節に一対生ずること。)します。


茎頂(けいちょう。茎の先端。)や葉腋(ようえき。葉のつけ根の茎に面した部分。)に杯状(はいじょう。)の、白やピンク、黄、オレンジ、薄緑、覆輪(ふくりん。ふちどりのあるもの)など多彩な花色や、一重咲き、八重咲き、半八重咲きなどさまざまな花形の花が咲きます。







トルコキキョウの種は、1グラムで約7万粒というほどごくごく小さい粉末状で、しかも発芽には25℃前後の気温が必要にもかかわらず、発芽直後は15℃前後で育苗しなければいけないという温度管理の難しさ、さらには生育まで60日から100日くらいかかるなど大変手間がかかるため、一般には苗を買い求めて育てます。


日当たりを好みますので、十分に日の当たる場所で育てます。


過湿を嫌うので、水やりは土の表面が乾いてから与えます。


高温多湿を嫌うので、梅雨時期は雨の当たらない軒下やベランダに置き、夏はできるだけ涼しく風通しの良い場所で管理します。


次々と花が咲くのでこまめに花がらを摘み、咲き終わったら花茎の付け根から摘み取ります。



参考:トルコギキョウの育て方・ヤサシイエンゲイ






JUGEMテーマ:アート・デザイン


今日の…『花言葉』 | comments(0) | - | pookmark |

コメント

コメントする