Well Planned House Co.Ltd.

横浜の一級建築士事務所
株式会社 ウェル プランド ハウス です。
設計、監理、改修工事から清掃、ビル管理、点検まで、あらゆる物件のご相談を承っております。

まずはメールで、yokohama@wellplannedhouse.com までご連絡下さい。





7月27日…今日の誕生花・花言葉

2017.07.27 Thursday 11:04



【お家のイメージに合わせて飾る花を選ぶ

四季折々に育てた花が咲くのを楽しむ

生け垣や庭木にする植物を考える

そんなときの参考に少しでもしていただければとてもうれしく思います。】










7月27日 グロリオーサ…華麗、華美、頑強、栄光

7月27日 ゼラニューム…君ありて幸福、決意、慰安、安楽、追憶、友情、真実の愛情

7月27日 フィソステギア…十分に望みを達した
※ 別名:はなとらのお(花虎の尾)

7月27日 マツバボタン…可憐、無邪気

7月27日 ヤマユリ…飾らぬ美、荘厳、純潔




参考:花言葉ナビ〜誕生花と誕生石の基礎知識〜
参考:ボタニックガーデン
参考:季節の花 300






『今日取り上げるお花は、神奈川県の県の花に指定されています。

世界のユリの中でも最も大きな花をつけることから、ユリの王者といわれています。』







7月27日の誕生花:ヤマユリ



花言葉:【飾らぬ美】【荘厳】【純潔】







(C)ボタニックガーデン



(C)ボタニックガーデン








科名:ユリ科
属名:ユリ属
学名:Lilium auratum
英名:ありません。
漢字表記:やまゆり(山百合)
別名:よしのゆり(吉野百合)
別名:えいざんゆり(叡山百合)
別名:ほうらいじゆり(鳳来寺百合)
別名:かまくらゆり(鎌倉百合)
別名:かんとうゆり(関東百合)
別名:はこねゆり(箱根百合)
別名:こうゆり(香百合)
別名:すじゆり(筋百合)
別名:りょうりゆり(料理百合)
原産:日本
性状:多年草(球根植物)
草丈:1m〜1.5m
花期:7月〜8月
花色:白
用途:鉢植え、庭植え







属名の Lilium(リリウム、リーリウム)は、ギリシャ語の leirion(レイリオン。白色という意味。)が語源で、古いケルト語の li(白)と lium(花)から出た言葉だといわれています。


名前の やまゆり(山百合)は、山に咲くユリということで名付けられたといわれていますが、実際には低山や草原、海岸近くにも自生しています。


別名の ほうらいじゆり(鳳来寺百合)、えいざんゆり(叡山百合)、よしのゆり(吉野百合)などは、自生地(風来寺山(愛知県)、比叡山(滋賀県)、吉野山(奈良県)など。)に因んで名付けられました。


別名の こうゆり(香百合)は、芳香が強いことに因むとされています。


別名の すじゆり(筋百合)は、花被片(かひへん。外花被(萼片)と内花被(花弁、唇弁)の総称。(がく)片と花びらをひとまとめにしたもの。)の模様から名付けられました。


別名の りょうりゆり(料理百合)は、鱗茎(りんけい。葉が多肉化したもので地下茎の一種。球形、卵形になったもの。)が「ユリネ」と呼ばれ、古くから食用とされてきたことに由来します。







日本原産の球根植物で、近畿地方以北に分布しています。


明治時代に海外に輸出され、品種改良されて逆輸入されました。







葉は、広披針形(こうひしんけい。)から狭披針形(きょうひしんけい。)で互生(ごせい。互い違いに付く。)します。

※ 披針形…先のとがった、平たく細長い形。



7月から8月ごろ、茎頂(けいちょう)に強い芳香のある大輪(直径20儖幣紂砲杷鮨Г硫屬鮑蕕せます。


おしべの先のT字形になった赤褐色の部分は、(やく)といいます。


花披片(かひへん。6枚あるが、比較的細い3枚は、(がく)片が花弁(かべん。花びらのこと。)のように見えるもので、幅の広い3枚の花被片が本来の花弁となる。)は反り返り、内側には黄色の条斑(じょうはん。すじ状の模様。)と赤褐色の斑点(はんてん。まばらに散らばっている点。)があります。


花被片の中央に、太い赤色があるものを「紅筋(べにすじ)」、斑点が少ない純白の花を「白黄(はくおう)」、花被片の斑点が黄色のものを「白星(しろほし)」といいます。







別名(かんとうゆり(関東百合)、かまくらゆり(鎌倉百合)、はこねゆり(箱根百合))にもあるように、以前は関東の里山で普通に見ることが出来ましたが、最近の開発や乱獲によって数は減少しています。


「1年に1つずつ花を増やす」といわれるように、長年経った古い株ほど多くの花をつけると言われています。







元々日本でユリは、主に食用や薬用として利用され、観賞用として本格的に使われるようになったのは、明治30年代頃からだといわれています。


縄文時代には既に食用とされていたと考えられており、球根には苦みがなくグルコマンナン(炭水化物や多糖類の一種。)を多く含んでいることから、現在でも食用として栽培されています。







半日陰を好み、夏の高温や直射日光、土の乾燥を嫌います。


風通しと水はけがよく、涼しい場所で管理します。


茎の地中部分から出る根から養分や水分を吸収するので深植えにします。


土の表面が乾いたらたっぷり水を与えます。


月1回ほど、芽が出たらつぼみがふくらむまで液体肥料を与えます。


花後も、水やりを続け球根を肥大させます。


3年に1度、花後の10〜12月頃、葉や茎が枯れてきたら、地上に出ている茎を切り、球根を掘り上げます。


分球してすぐに植え付けます。







ユリ科ユリ属の植物



 1. えぞすかしゆり (蝦夷透かし百合)  



 2. おにゆり (鬼百合)  



 3. カサブランカ  



 4. くるまゆり (車百合)  



 5. こおにゆり (小鬼百合) 








 6. ささゆり (笹百合)  



 7. しんてっぽうゆり (新鉄砲百合)  



 8. たかさごゆり (高砂百合)  



 9. ひめたかさごゆり (姫高砂百合)  



10. ひめゆり (姫百合)  








11. ふなしくるまゆり (斑なし車百合) 



12. マルタゴンリリー  



13. ゆり (百合)  



14. リーガルリリー  



15. リリウム・サルゲンティアエ 








16. リリウム・ダビディー  



17. リリウム・ブルマニクム  






JUGEMテーマ:アート・デザイン


今日の…『花言葉』 | comments(0) | - | pookmark |

コメント

コメントする