Well Planned House Co.Ltd.

横浜の一級建築士事務所
株式会社 ウェル プランド ハウス です。
設計、監理、改修工事から清掃、ビル管理、点検まで、あらゆる物件のご相談を承っております。

まずはメールで、yokohama@wellplannedhouse.com までご連絡下さい。





9月21日…今日の誕生花・花言葉

2017.09.21 Thursday 11:35



【お家のイメージに合わせて飾る花を選ぶ

四季折々に育てた花が咲くのを楽しむ

生け垣や庭木にする植物を考える

そんなときの参考に少しでもしていただければ、とてもうれしく思います。】










9月21日 イヌサフラン…私の最良の日は過ぎた、悔なき青春

9月21日 カンナ…情熱、堅実な未来 、永続、熱い思い

9月21日 クズ…芯の強さ、治癒

9月21日 コルチカム…永続、華美、回顧、永遠

9月21日 ダリア…華麗、優雅、威厳、移り気、あふれる喜び

9月21日 マートル…愛の囁き、高貴な美しさ




参考:花言葉ナビ〜誕生花と誕生石の基礎知識〜
参考:ボタニックガーデン
参考:季節の花 300






『今日取り上げるお花は、古代エジプトでは愛と歓喜の女神ハルトに捧げられる[反映]の象徴、古代ギリシャでは美神アフロディテの神木とされ[愛と美]の象徴でした。

ギリシャ神話の中には、アフロディテ(英語ではヴィーナス)に仕えていたとされるこの植物の名前を持つ乙女が、自分の純潔を守るために姿を変えたとして登場します。

イギリスでは、古くは花嫁の花束にこの植物の枝を入れ、嫁ぎ先で挿し木をして幸福を願う習慣があったとか。

ヨーロッパでは今でも結婚式の飾り花やブーケに利用されています。』







9月21日の誕生花:マートル



花言葉:【愛の囁き】【高貴な美しさ】







(C)ボタニックガーデン



(C)ボタニックガーデン








科名:フトモモ(蒲桃)科
属名:ギンバイカ属
学名:Myrtus communis
英名:Myrtle
和名:ぎんばいか(銀梅花)
別名:ぎんこうばい(銀香梅)
別名:いわいのき(祝いの木)
原産:南ヨーロッパ〜西アジア
性状:常緑低木
樹高:3m〜4.5m
花期:7月〜8月
花色:白
用途:庭植え、鉢植え







属名の Myrtus(ミルトス)は、ギリシャ語の myrrh(ミルラ。没薬(もつやく。燻蒸(くんじょう)すると良い香りを漂わせる。))が語源だとする説、Perfume(煙が漂う)を表すギリシャ語とする説、知恵と技芸の女神ミネルヴァが愛した Myrsine に由来するという説もあります。


和名の ぎんばいか(銀梅花)は、花色の白を銀に例えたのと、咲き始めの花形がうめ(梅)の花に似ているということから名付けられました。


別名の ぎんこうばい(銀香梅)は、葉にユーカリに似たよい香りがあることから、その名前が付きました。


別名の いわいのき(祝いの木)は、ヨーロッパで純潔の象徴として、花が結婚式のブーケなどに使われるのでそう呼ばれています。







南ヨーロッパから西アジアが原産です。


日本には、明治時代末期に中国から渡来したと言われています。







よく分枝(ぶんし)して、高さは3〜4.5メートルになります。


葉は、卵形(らんけい)から披針形(ひしんけい。先のとがった、平たく細長い形。)で、対生(たいせい。葉が一つの節に、一対生ずること。)または3片輪生(さんぺんりんせい。3枚の3裂した葉が輪を描くようにつくこと。)します。


葉には「ユーカリ」に似た香りがあり、肉料理の香りづけやハーブピローに利用されます。


花は、7月から8月ごろ、「ウメ」のような白い花をいっぱいに咲かせます。


果実は、11月ごろ黒紫色(こくししょく)に熟しますが、乾燥させてミルで挽き、肉類のスパイスとして利用されます。







日当たりが良く、肥えた水はけの良い土壌が適しています。


冬の冷たい風に当たると、枝先が傷んで花が咲かなくなることがあります。


剪定は、花後すぐに、長く伸びすぎた枝、枯れた枝や重なり合った枝、逆枝(さかえだ。地面に向かって伸びる枝。)があれば切り落とします。


肥料は、2月頃に油かすか化成肥料を株元に与えます。


さし木とタネまきでふやすことができます。



参考:ギンバイカの育て方・ヤサシイエンゲイ






JUGEMテーマ:アート・デザイン


今日の…『花言葉』 | comments(0) | - | pookmark |

コメント

コメントする