Well Planned House Co.Ltd.

横浜の一級建築士事務所
株式会社 ウェル プランド ハウス です。
設計、監理、改修工事から清掃、ビル管理、点検まで、あらゆる物件のご相談を承っております。

まずはメールで、yokohama@wellplannedhouse.com までご連絡下さい。





1月18日…今日の誕生花・花言葉

2017.01.18 Wednesday 06:26



【お家のイメージに合わせて飾る花を選ぶ

四季折々に育てた花が咲くのを楽しむ

生け垣や庭木にする植物を考える

そんなときの参考に少しでもしていただければとてもうれしく思います。】










1月18日 インディアンメロウ…憶測
※ 詳細な情報が見当たりませんでした。

1月18日 サンシュユ…持続、耐久、気丈な愛

1月18日 パフィオペディルム…変わりやすい愛情、軽快、優雅な装い、思慮深さ、責任感が強い

1月18日 ファレノプシス…清純、幸福が飛んでくる、あなたを愛します、華やかさ
※ 別名:こちょうらん(胡蝶蘭)

1月18日 ラナケリア…移り気




参考:花言葉ナビ〜誕生花と誕生石の基礎知識〜
参考:ボタニックガーデン
参考:季節の花 300






『今日取り上げるのは、春を告げる花木(かぼく)のひとつです。

果実は古くから漢方薬として利用されています。』







1月18日の誕生花:サンシュユ



花言葉:【持続】【耐久】【気丈な愛】







(C)ボタニックガーデン



(C)ボタニックガーデン








科名:ミズキ科
属名:サンシュユ属
学名:Cornus officinalis
英名:Shan zhu yu
漢字表記:さんしゅゆ(山茱萸)
別名:あきさんご(秋珊瑚)
別名:はるこがねば(春黄金花)
原産:朝鮮半島、中国
性状:落葉小高木
樹高:3m〜10m
花期:3月〜4月
花色:黄色
用途:鉢植え、庭植え







属名の Cornus(コーナス)は、ラテン語の cornu(角)が語源です。材質の堅さを示しています。


種小名の officinalis(オッフィキナリス)は、(薬用の)という意味です。


別名の あきさんご(秋珊瑚)は、秋に珊瑚のような赤い実を付けることから名付けられました。


別名の はるこがねばな(春黄金花)は、早春に枝一面に黄色く開花する様子から名付けられました。


名前の さんしゅゆ(山茱萸)は、漢名をそのまま音読みしました。
しゅゆ(茱萸)とはグミのことです。秋にグミに似た楕円形で光沢のある果実を付けます。







朝鮮半島から中国が原産です。


日本へは、江戸時代中期の享保年間、1722年頃に薬用植物として渡来したといわれています。







3月から4月ごろ、枝先の散形花序(さんけいかじょ)に黄色い小さな花を咲かせます。


葉より先に黄色い花をつけます。


秋には、楕円形の果実が真っ赤に熟します。


この果実は秋珊瑚(あきさんご)とも呼ばれ、漢方薬として利用されます。
滋養強壮や疲労回復、また頻尿や冷え性、低血圧症、腰痛などに効能があるとされています。







日当たりのよい場所ほど、花付きもよく花色も鮮やかになります。


水やりは、地植えのものは根付けば特に水ををやる必要はありません。 鉢植えのものは生育期に土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。
花芽が枝の内部で形成される7月頃と落葉期は、やや乾かし気味に管理します。


肥料は、年3回、1月頃に骨粉と油かすを混ぜた有機肥料を、花後と9月頃にはゆっくりと効く化成肥料を施します。
窒素分の多い肥料を与えると花付きが悪くなるので注意します。


剪定は、落葉期には長く伸びすぎた枝を、開花後から新芽が出る直前の7月〜8月までに細くて弱い枝や枯れ枝などを、短く切り戻して整えます。


植え付けは、落葉後から開花中まで可能です。


タネまきと接ぎ木でふやすことができます。



参考:サンシュユの育て方・ヤサシイエンゲイ






ミズキ科サンシュユ属の植物



 1. せいようさんしゅゆ(西洋山茱萸)) 






JUGEMテーマ:アート・デザイン


今日の…『花言葉』 | comments(0) | - | pookmark |

コメント

コメントする