Well Planned House Co.Ltd.

横浜の一級建築士事務所
株式会社 ウェル プランド ハウス です。
設計、監理、改修工事から清掃、ビル管理、点検まで、あらゆる物件のご相談を承っております。

まずはメールで、yokohama@wellplannedhouse.com までご連絡下さい。





4.なぜ、三浦半島断層群(神奈川県)は地震発生の確率が高まったのか

2011.08.10 Wednesday 15:40


今回の「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」は非常に大きな地震で、日本列島に加わる力が大きく変化したことから、日本列島全体が影響を受けています。





震度分布図を見ると、東北地方太平洋沖地震が、いかに日本列島の広範囲に影響を及ぼしたかを見ることができます。


震度分布図(平成23年4月12日更新)



資料:地震調査研究推進本部(文部科学省研究開発局地震・防災研究課)





その中でも特に東北地方が東の方へ力がはたらくようになり、かつてバランスが取れていた力関係が、各地で大きく崩れてしまいました。


今回もっとも大きく動いた牡鹿半島(おしかはんとう/おじかはんとう。宮城県石巻市。)では、本震発生時に電子基準点が東南東方向へ約5.3m動き、約1.2m沈下するなどの地殻変動が観測されています。


■ 本震(M9.0)に伴う地殻変動(水平)[PDF形式]

■ 本震(M9.0)に伴う地殻変動(上下)[PDF形式]


GPS連続観測から得られた電子基準点の地殻変動
(発表日時:平成23年3月19日)


資料:国土交通省 国土地理院 測地観測センター





さらに以下は、国土地理院が平成23年5月下旬から平成23年6月下旬の1ヶ月間の地殻変動を表したものです。
(発表日時:平成23年7月8日)


本震後の余効変動が、東日本の広い範囲で見ることができます。


全国 [PDF形式:862KB] 


北海道地方 [PDF形式:452KB]
    

東北地方 [PDF形式:480KB]
     

関東・中部地方 [PDF形式:540KB]


近畿・中国・四国地方 [PDF形式:829KB]


九州地方 [PDF形式:797KB]


沖縄地方 [PDF形式:517KB]



資料:国土交通省 国土地理院





これらのことからもわかるように、今、日本列島全体にゆがみがあり、東に引っ張られている状態です。


この状態でさらに、今回地震調査委員会が「地震発生の確率は高まっている」とした4つの断層を地図でご確認頂くとわかりますが、三浦半島断層群、立川断層帯、牛伏寺断層はいずれも北から45度に傾いています。
東に引っ張られている状態で、この45度という角度は断層がずれやすいのです。


※ 双葉断層の地震発生確率が高まったとされているのは、東北地方太平洋沖地震の震源に近いため。


元々地震発生確率の高かったこれらの断層にかかる力がさらに増加したことで断層がずれ、三浦半島断層群を含めこれらすべての断層について「地震発生の確率は高まっている」と地震調査委員会では見解を出しています。









地震関連のページ





JUGEMテーマ:アート・デザイン


地震関連 | comments(0) | - | pookmark |

コメント

コメントする